<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
|Admin|RSS1.0|Atom0.3

selected entries
archives
categories
recent comment
recommend
recommend
recommend
MOON CLOCK
Counter
TADA-Counter
Kiriban Getter
◇20,000HIT:aiko (2007.03.20) ◇30,000HIT:ジョン子 (2007.04.02) ◇50,000HIT:咲大 (2007.04.25) ◇70,000HIT:びんび (2007.05.20) ◇80,000HIT:すみれ (2007.06.03) 100,000HIT:007☆ (2007.07.05) 130,000HIT:Azuki (2007.09.05) 160,000HIT:と〜い (2007.11.03) 200,000HIT:はるかの (2008.01.24) 270,000HIT:室長 (2008.09.20) 300,000HIT:ガルルゥ (2009.01.24)
Comment Kiriban Getter
1,000HIT:れん☆ (2007.06.27) 2,000HIT:黄金三毛猫 (2008.01.21) 3,000HIT:菜々香mama (2009.02.03)
Cautions
ブログの記事、画像の無断転載を禁じます。
<< 遅刻のケジメ | main | 宣伝と新カテゴリー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
監督・ばんざい!
職業柄、というよりもお声がけしていただけるので、
映画の試写会に行く機会が多くあります。とてもありがたい事です。

僕の今年初の試写会は、世界のキタノこと
北野武監督最新作『監督・ばんざい!』に招いていただきました。

映画を愛する全人類に捧ぐ。
アクション・VFX満載! 豪華キャストで贈るウルトラ・バラエティ・ムービー!
小津風人情劇 × 昭和30年代 × ホラー × ラブ・ストーリー × 時代劇 × SF…!?
(以上、プレス資料より抜粋)


「なんだこれ?」と思われるでしょうが、ホントにこの通りです。
最高に笑いました。映画館(試写会場)で声出して笑ったのは久しぶりです。
ストーリーを詳しく書くとネタバレになるので控えますが、
キタノ映画のセルフパロディもあり、以前からのファンはもちろん、
代名詞的な「バイオレンスが苦手」と敬遠していた方も楽しめます。

また、普通の映画よりも数多くのシチュエーションが描かれるんですが、
1つ1つが丁寧かつ豪華キャストで彩られてます。
ほんのちょっとのシーンでも、とてつもなくこだわっているのが素晴らしい。

ちょっとだけ不条理を漂わせていますが、
反発されるようなものではなく、喜んで受け入れられるものだと感じました。
僕は不条理モノは大好きなので、とても楽しめましたよ。
2007年6月2日より全国ロードショーです。

早くメイキングが観てみたいですね。正直、現場は大変だっただろうと。
普段どんな映画でも、メイキング付きのDVDを買います。
映像の仕組みを知りたいのではなく、
完成に至るまでの努力や苦労の道のりを知りたいからです。
乗り越えた過程を知ると、本編への気持ちも変わってきますね。

そうそう、この映画のスタッフクレジットに、
『牙狼<GARO>』でおなじみのメンバーの名前がありますので、
そちらも探して楽しんで下さいね。
| Movie | 23:44 | comments(17) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - |
コメント
今年はまだ1作も観てないです。
映画は大好きなんですが、独りで観るのが苦手なせいか、近ごろは機会に恵まれていません。
一度、たまたま同じ作品の試写会のチケットを別々の仕事関係者から頂いて、3回観た経験があります。(笑)
メイキング、いいですよね。
頑張って作られている様子を見ると、ますます作品に愛着が湧いたりします。
もちろん、「Making of GARO」も楽しませて頂いてます!
| ジョン子 | 2007/03/15 12:08 AM |
試写会とは、他の人よりも一足先に映画が観られていいですよね〜。
田口さんの解説を読んで、私も『監督・ばんざい!』を観たくなりました。
そんな私も、それなりには映画が好きなので、
なるべく映画館に出掛けて映画を観るよう心がけています。
やはり映画は、大きな画面とクリアな音響で観たいですよね。
そして、メイキングは私も大好きですv
どんな風に作られているのか、
キャストやスタッフはどんなことを考えているのか。
そういうのが伝わってくると、ドキドキワクワクします。
「Making of GARO」も毎回ドキドキワクワクでした〜(^_^)/
| みれりん | 2007/03/15 3:35 AM |
映画は、当日の思いつきで観るので、今年は9作?

キタノ映画は、敬遠ぎみなので、実質、「座頭市」しか劇場で観てません。が、面白そうですね。「監督・バンザイ」

DVDでは、メイキングは見ますけど、最近妙に流行っているプロモーションは「なぜに、わざわざ?」と思ったりもしています。
一応「戦略」なんでしょうけど。

そんなことを考えるなら、上映待ちの映画をいつ上映するか、あるいは、日の目を見せる方法とか考えて欲しいな、と(笑)
あ、愚痴ってしまいましたm(__)m
| 斑 | 2007/03/15 8:52 AM |
メイキング映像、大好きです!その作品が出来上がるまでの苦労や努力がかいま見えたり、現場の雰囲気がわかったり、スタッフ・キャストの作品にかける意気込みが理解できたり、キャストの意外な素顔がわかったり・・・。一度みたことのある作品だと、本編より先にメイキング映像をみちゃうタイプです。ですから、牙狼のDVDも、1・2巻を除き、全てメイキング映像からみました。
北野作品は、バイオレンスなところが苦手で避けていましたが、「監督バンザイ」は、田口さんが声をあげて笑ったというので見に行くことにしました。それに、勝手に苦手意識持って避けてちゃうのも詰まんないかなって(^^)
ところで、今日はアビオ君お昼ねですか?
| あつこ | 2007/03/15 9:36 AM |
声をあげて笑える映画って楽しそうですね。
笑うことは身体にもいいそうですよ♪

メイキング映像は楽しみの一つですね。
製作過程やスタッフの苦労されてる一部が見れて
こうして撮影してるのねって感心したりしています。
牙狼DVDでは特にワイヤーアクションや
VFXなど知らない世界を見れることが面白かったです!
| 希澄 | 2007/03/15 8:47 PM |
to:ジョン子さん
同じ映画3回はしんどいですね。
『牙狼<GARO>』DVDのメイキングもみなさんに好評のようなので、
うれしいです。

to:みれりんさん
最近、映画館から遠ざかってます。
出来れば行きたいんですけど、なかなか都合が合わなくて。

to:斑さん
9本ですか、うらやましいですね。
メイキングでも、キャストのインタビューばっかりで、
撮影風景が少なかったり、スタッフの話しがないとイヤですね。
まあ、皆が知らないおっさんの話しを聞きたいとは限らないから、
キャスト中心なのはしょうがないですけど(笑)。

to:あつこさん
北野監督のビートたけし部分が沢山出てきますよ。
アビオは、試写会に呼ばれなかったのでふて寝してます。

to;希澄さん
そういや、文芸部のメイキングってないですね。
打ち合わせして書いてるだけだと、画面的に面白くないのか(笑)。
結構、大声だしたりして面白いんだけどな…。
| 田口恵 | 2007/03/15 11:01 PM |
映画館へは洋画を観に行くことが多いです☆アッ!怪獣映画は必ず主人と観に行きます。ゴジラ&モスラ&ガメラが大好き人間ですので(*^o^*)北野監督の作品はフィルム?を青い色で見せる独特な映画が多く摩訶不思議な感覚で観ていました。でも、やはりお笑いが好きなんでしょうね、ところどころに必ず笑えるシーンがありますよネ。私もDVDを購入したら絶対メイキングをCheckする派です。勿論レンタルした時も(^-^)b演じている時と素の部分のギャップを垣間見る事が出来る唯一の時間なのでファンには堪らない一時だから…だから田口さんの《白夜のブログ》は貴重な時間なのでした。何回でも言います。素敵なメイキング=ブログをありがとうございました(__)
| YUKI | 2007/03/16 2:24 AM |
to:YUKIさん
キタノブルーってヤツですね。
あの青の理由と秘密は、北野監督自身が明言してますよ。
白夜ブログもメイキングと捉えていただけたのは、
本当にうれしいですね。
僕なりにでしかありませんが、苦労した甲斐がありました。
| 田口恵 | 2007/03/16 10:11 PM |
北野映画ってサービスしてもらいたい人が喜ぶというより、物造りしてる(したい)人が触発される映画だと思う。
| エミル | 2007/03/23 7:21 AM |
to:エミルさん
いらっしゃいませ。
エミルさんの考察、当たってるかもしれませんね。
エミルさんは楽しんで観れてますか?
| 田口恵 | 2007/03/23 11:38 PM |
北野の新作は日本映画でたとえるなら、どんな作品に近いですか。どれくらいのレベルでしょうか。私は全作品を何度も観てます。
| くり | 2007/03/28 11:57 PM |
私は北野作品はすべて観てます。質問です。新作は例えるならどんな日本映画に近いのですか。どれくらいのレベルですか。前作との比較は。
| クリ | 2007/03/29 12:01 AM |
to:くり&クリさん
同じ方ですよね? いらっしゃいませ。
あまり詳しく書くとネタバレになってしまうのですが、
北野武さんというよりも、ビートたけしさんの作品です。
ビートたけしさんが、北野監督をふざけて描いているというか。
随所に、セルフを含めたパロディがちりばめられてますし、
元ネタの映画を皮肉ったりも。
まじめに何かを問う作品ではなく、映画界を斜めから見た感じでしょうか。
北野映画で言えば、前作に近い感覚です。
| 田口恵 | 2007/03/29 12:21 AM |
はじめまして。
武さんの新作についてですが・・・。
他に試写を観た人の感想を読むと
批判的な感想が多く見受けられます。
中には「最悪」と言う人も・・・。
上映後の周囲の雰囲気はいかがでしたか?
| satuki | 2007/03/31 5:20 PM |
to:satukiさん
いらっしゃいませ。
僕が招いていただいた試写会は、演出家の方や脚本家の方を対象とした会でした。
なので、その場で評論をされている方はいらっしゃいませんでしたね。
最悪と言う方もいれば、楽しんだ僕もいるというのが、
この映画に対する意見としては正しいような気がします。
| 田口恵 | 2007/03/31 11:33 PM |
田口さん、ありがとうございます。

私は『あの夏〜』以来の北野映画ファンです。
着実に映画監督としてのキャリアを重ねてきた北野監督ですが、前作の『TAKESHIS'』は監督御本人もおっしゃっている通りネガティヴな批評の方が多かった気がします。。。
田口さんの回答は確かにその通りだと思います。
でも、もっと具体的に今回の新作は客観的に観てどちらの意見が多いと感じましたか?(すみません。答えにくい質問で)




| satuki | 2007/04/01 11:56 PM |
to:satukiさん
試写会場にいらした方達と面識がなかったのと、
友人知人にも観てる人がいないので、意見交換が出来てないんですよ。
なので、他の方がどう思われてるかは存じ上げません。
僕の感想としては、ブログの記事の通りです。
お役にたてなくて、すみません。
| 田口恵 | 2007/04/02 10:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tag-blog.jugem.jp/trackback/35
トラックバック