<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
|Admin|RSS1.0|Atom0.3

selected entries
archives
categories
recent comment
recommend
recommend
recommend
MOON CLOCK
Counter
TADA-Counter
Kiriban Getter
◇20,000HIT:aiko (2007.03.20) ◇30,000HIT:ジョン子 (2007.04.02) ◇50,000HIT:咲大 (2007.04.25) ◇70,000HIT:びんび (2007.05.20) ◇80,000HIT:すみれ (2007.06.03) 100,000HIT:007☆ (2007.07.05) 130,000HIT:Azuki (2007.09.05) 160,000HIT:と〜い (2007.11.03) 200,000HIT:はるかの (2008.01.24) 270,000HIT:室長 (2008.09.20) 300,000HIT:ガルルゥ (2009.01.24)
Comment Kiriban Getter
1,000HIT:れん☆ (2007.06.27) 2,000HIT:黄金三毛猫 (2008.01.21) 3,000HIT:菜々香mama (2009.02.03)
Cautions
ブログの記事、画像の無断転載を禁じます。
<< 愛蔵版の秘密その3 | main | くだらない悩み >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
久しぶりのカテゴリー
仕事と、若干の体調不良で更新出来ませんでした。
その割に、自分でもなんで思いついたかわからない話しを…
前回の『超電磁マシーン ボルテスV』以来、ずっと放っておいたカテゴリーを書こうかなと。
ベスト3やナンバ−1を決める事は出来ないので、こちらも単に好きな作品。
第2回目は『六神合体ゴッドマーズ』です。

六神合体ゴッドマーズ DVD-BOX I
六神合体ゴッドマーズ DVD-BOX I

昔からのアニメファンの方にとっては、もう言わずもがなですよね。
美少年アニメ(そんなジャンルだっけ?)のハシリじゃないかと。
一応言っときますが、僕はそういう趣味はありませんよ(笑)。

いとこの家にあった古い少年チャンピオンに、原作となる『マーズ』が載ってまして、
てっきり、そのまんまアニメになったんだと思って見始めました。
が、一部の設定を除き、まったく違う作品でした。
ちなみに、原作の『マーズ』も面白いので、機会があったら読んでみて下さい。

こちらも話すと長くなるので、簡単に説明を。
主人公・マーズはギシン星人で、赤ちゃんの時に地球を破壊する為に、
反陽子爆弾を搭載したロボット・ガイヤーと共に地球に送り込まれます。
マーズがコールドスリープから目覚めた時、ガイヤーを爆破して地球を滅ぼす作戦。
自爆特攻というか鉄砲玉ですね。
ところが、地球に着いた直後、地球人の明神夫妻に救出され、
明神タケルとして、普通の人間の暮らしをする事に。
十数年後、マーズが一向に地球を爆破しないので、ギシン星から刺客が送り込まれる。
というのが、プロローグです。

ところで、ガイヤーに搭載された反陽子爆弾を爆発させるには3つの方法があります。
1)マーズがガイヤーに爆破を命令する
2)マーズが死ぬと、ガイヤーがそれを感知して自動で爆発する
3)ガイヤーを破壊する
地球人として育ってしまったマーズが爆破を命令するはずがないので、
刺客がマーズを殺そう(もしくはガイヤーを壊そう)とする訳です。

前置きが長くなりましたが、ここが好きなポイントです。
まず、マーズが危なくなると、自動的にガイヤーが飛来して体内に収納する。
これ、憧れました。呼ばなくても来るのに。
ピンチに駆けつけるなんて、正義の味方の王道とでも言いましょうか。
これは、マーズの本当のお父さん(平和主義者)がガイヤーを設計しているので、
息子の危機を救い、地球も爆破させまいと仕込んでおいた回路のおかげ。

でも、ガイヤーも無敵ではないので、敵のロボットの攻撃に敗れる可能性がある。
ところがどっこい、マーズの危機=ガイヤー飛来と同じ図式で、
ガイヤーの危機=5神ロボ飛来というシステムが。
今度は、ガイヤーをスフィンクスというロボに収納し、他4体が腕と脚になって、
ゴッドマーズとなり、ガイヤー破壊を防ぐ。
これまた、最高にカッコイイ。
こちらの5神ロボは、マーズの双子の兄・マーグが、弟の為に送り込んだロボット。
父親と同じ想いですね。
マーグの悲哀を語り出すと大変な事になるので、やめときます(笑)。

ストーリーが進むと、マーズがガイヤーと5神ロボを自分の意志で呼べる様になるんですが、
僕としては、ちょっとイヤでしたね。

さて、恒例のモノマネですが(笑)、
僕はよくカラオケで主題歌の『宇宙の王者!ゴッドマーズ』を歌ってくれとせがまれます。
みんながこの歌を好きなんじゃなくて、Bメロからサビへの間奏中に、
マーズの声で「六神合体!」というセリフ(叫び)があるんですが、それが楽しみのようで。
まぁ、甲高い声で叫べば誰でも出来ます。
注意点としては、がったぁぁぁい!を伸ばし続けていると、
直後の♪WOW WOW WOW ゴォォッドマァズ、つぅよぉい〜
に間に合わなくなります(笑)。
| Anime | 22:57 | comments(9) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - |
コメント
この作品にはちょっとダークな思い出があります。
まあその話はおいといて・・・(え)
マーズはたしか横山光輝先生の作品でしたね。
なんかロボットがでてきたとこだけ覚えてます。
あれはゴッドマーズというよりポセイドンだったような・・・
| | 2007/10/26 12:07 AM |
うわあ、なつかしいですね〜!
なんかいろんな記憶がこう、脳裏をグルグル回っちゃいました♪
当時、私が住んでいた地域では日曜日の朝に放映だったので、
見るのがちょっと大変だった……とか思い出してみたり(苦笑)
そういえば、OPの歌詞に「光の速さで歩く」っていうフレーズがあって、
「光の速さなら『走る』の方が合うのでは?」とつい思ってしまうんですよね。
田口さんはどう思われますか?
| みれりん | 2007/10/26 2:03 AM |
>呼ばなくても来るのに。
そうだったんですね!?
私は呼ばなきゃ来ないと思ってました。幼少の記憶って曖昧ですね。
「ガイヤー!!」と叫んで遊んでた時期がふっと甦りました。
| しおん | 2007/10/26 9:08 AM |
子供の頃は完全な野性児。あまりアニメは見てなかったので、内容をよく知らないまま、昨年、CSでやってたのを、数回見ただけ。そうゆう内容だったのねー。(知らずに見てた…。)
内容だけに留まらず、カラオケの歌唱指導まで。(笑)幅広っ!!
体調不良?風邪ですか?しっかり治して下さいね。
| BIG | 2007/10/26 7:06 PM |
当時、ゴットマーズを観ていた記憶はほとんどないんです。
でも姉の友人がマーグがとっても好きで、ある時に泣いていたような覚えがあります。
なんとなく「ガイヤー!」は覚えている気も・・・。
ただ、私が覚えてる曲は「いま〜、宇宙のかなたに〜」というのなんですが、これはエンディング?
体調はいかがですか?季節の変わり目ですから気をつけて下さいね。
| ジョン子 | 2007/10/26 7:34 PM |
CSで放送してたのを観てたんですけど、舞台がギシン星編からマルメロ星編に移るあたりに見逃してしまい結局、それっきりになってしまった記憶が……
(確か、29話「フローレの危険な仲間」あたりだったような…)

丁度レンタルでもあるので観ようと思うものの、全64話はなかなか……(^_^;)


あと、発売時期未定の超合金魂のゴッドマーズが気になっていたりして。

おまけがコスモクラッシャーって、すごいなぁ…(笑)

| ミヤビ | 2007/10/26 11:40 PM |
あはっ☆
田口さんは、いろんなアニメに精通されてますね。
タイトルは知ってましたが、残念ながら視聴したことがなくf^_^;

少し体調不良とのことですが、ご慈愛下さいませ〜♪
| 希澄 | 2007/10/27 2:49 AM |
いやあ懐かしい。でも最後までは見てないんですが。ヤマトといい、やはり同世代ですかねえ?僕はガンダムの最初の本放送の時、小五か小六でした。っていう事はさておき、体には気を付けて、温度変化が大きい季節ですので。
| りゅうZ | 2007/10/28 3:57 PM |
to:英さん
ダークな思い出(笑)、深くは詮索しません。
原作のガイヤーは確かにポセイドンっぽいですね。

to:みれりんさん
2番の歌詞ですね。歌う時にちょっと躊躇します(笑)。
まぁ、ゴッドマーズが走ったりしないので、合ってるって事にしましょう。

to:しおんさん
かなり初期の段階で、呼び寄せるようになるので、
その印象が強いのは、むしろ正解ですよ。

to:BIGさん
大河ドラマ的な作りなので、ちょっと観ただけだと、あんまり印象ないかもしれませんね。
CS再放送を知らなかったので、見逃して損した気分です。

to:ジョン子さん
それはエンディングですね。『愛の金字塔』という名曲です。
CD等で聞くと、あまりにイントロの印象が違うのでビックリします(笑)。

to:ミヤビさん
そこからもいい話しなのに残念(笑)。
超合金魂はまさかのラインナップなので、非常に注目してます。
まぁ、ブラッカリーやドランがおまけなのが常識ですから(笑)。

to:希澄さん
女性ファンの多い作品なので、もしかしたらハマるかもしれませんよ。
全話観るのはとても時間がかかりますけど。

to:りゅうZさん
僕は『ガンダム』の頃は、もう少し幼かったです。
SF考証は「?」の部分もありますが、作画が一貫して奇麗なので、
楽しんで観れる作品ですよ。


| 田口恵 | 2007/10/29 10:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tag-blog.jugem.jp/trackback/148
トラックバック